ハイエースキャンピングカーのこと、カヤックのこと、その他日常の出来事などを気の向くままに綴っていこうと思います。

ハイエースに夢とカヤックを載せて☆

快適化

足回りの検討②

更新日:

3連休
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
私は連休初日にOMCへ行ってきました
目的はもちろん入庫した愛車の架装の進捗確認。

20150718_024453650_iOS_640
それと、例のセカンドシートを貰っていくためです
たまたまですが、そこでひろさんと遭遇しました
本当にこういう偶然ってあるんですね。
その後、三姉妹パパさんとプチオフ会。
ステアリングロックが激安で売られてることを教えてもらった上、
代理購入までしてくれてたんです
三姉妹パパさん、ありがとうございました~


さてさて、今回は足回りについての検討第2弾です
と言っても、検討記事は今回が完結編。

 

シート運搬のため、ハイエースのナローをレンタルしました。
まともにハイエースを運転したのはこれが初めてです
なので、どノーマル車の乗り心地を体験するいい機会でした

 

で、肝心の乗り心地は、・・・ハッキリ言って最悪でした
多くの人が乗り心地を追求する理由がわかった気がします。。。
前回の検討①投稿以降、いろいろ調べてはどれにしようかと悩みに悩みました。
そして、以前hidekiさんからいただいたコメントを参考に、コンフォートリーフへの交換と純正ショックをネオチューンするということで8割がた決めていました。
ネオチューンにするきっかけは、つい先日ネオチューン施工車に乗せてもらう機会があり、同じバンで乗り心地が劇的に変わったと聞いたのと、実際自分も乗せてもらった感じ違和感がなかったのが理由です
ハッキリ言って今回借りたハイエースとは雲泥の差を感じました
それほど、ネオチューンの良さがハッキリと感じられたんです

 

自分は乗せてもらった時助手席に乗ったのですが、後ろに乗った妻も概ね同じ感想でした。
子供も酔うことはなかったので、もしかしたらネオチューンだけでもいいかなと思ったり。
ただ、路面によっては後ろはたまに跳ねることがあったそうなので、コンフォートリーフ交換もすることでより良くすることを目指そうと思ってました

 

そういうわけで、ネオチューンの本元サンコーワークスに問い合わせを行いました
電話のお相手はネオチューン考案者で社長の喜多見さん。

喜多見社長曰く、コンフォートリーフ交換で得られる満足度は人それぞれだけど、リーフ交換しても満足されないお客さんがたくさん来られて結局元に戻している現状を見てきている。
そういう人が満足してくれる改善方法をうちではやっている。
リーフを変えるのも手だけど、今のリーフを乗り心地良く調整してやることで劇的に改善できる。
という趣旨のお話を頂きました。

その喜多見社長についてですが、元々ラリー界ではかなり名の知れたラリーストらしく、国際ラリーで優勝するような凄腕の持ち主のようです。
そういった世界で培われてきた知識と経験からネオチューンが生まれたんですね

その人が自信を持って勧めてこられたチューニングプラン、これはぜひ任せてみようという気になりました。

 

そういうわけで、うちのツアーズワイドの足回りは

『ネオチューン喜多見カスタム』

で進めたいと思います。

 

施工内容は以下。(内容はサンコーワークスHPから引用)

 

ネオチューン

Neo Tuneの特徴
バリエーションは、スタンダード(STD) / スペシャル(SPL)ローダウンした車やハイグリップタイヤ仕様など / カスタム(CUM)キャンピングカーや大型車など特殊用途の3種類で、すべて低圧チッソガス封入タイプです。
ノーマルのショックをチューニングするため、とてもリーズナブル。今までは、サスペンション交換後、ノーマルショックの大半が廃棄物でしたが、NeoTuneなら環境にもやさしいのです。
多少古くなってしまい、少量のオイルにじみ程度のショックでも、オイルシールソフナー(NeoTune専用)をオイルに添加することにより性能がよみがえります。NeoTuneすべてにオイルシールソフナーが添加されておりますので、劣化予防策となり性能安定化と高耐久化を実現。

NeoTuneは各国で特許を取得しております。
※平成20年4月 日本国内特許を取得。
  特許第4115505※平成21年2月 韓国特許を取得。
  PAT・No 10-0938160
※平成25年4月 アメリカ特許を取得。
PAT・No US 8,418,334 B2

 

リーフエンドベアリング取付

リーフスプリングの作動フリクションを無くし、スムーズにストロークさせ、突き上げ感を低減し、乗り心地を向上させる。
リーフスプリングのよれにより生じる後部揺り返しを減少させ、 走行性能を向上させる。

リーフバッファプレート取付

バンリーフのソフトな領域を増やす。
(100Kg積載時、ノーマルより25ミリストロークが多くなる為、後部搭乗者の突き上げ間の低減し、乗り心地感の向上。)

フロントリアバンプ交換

一般的なので割愛。

1.2インチローダウン

これは見た目をかっこ良くしたくて、こちらからお願いしたもの。
一般的なので割愛。

 

7/30に納車したその足で陸運局で登録後、施工してもらうよう予約を入れています。

施工後の乗り心地は別途レビューしたいと思います

 

 


にほんブログ村のランキングに参加しています。
『いいね』ボタン代わりに下のバナーをポチっとして頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

 
ブログランキングに参加しています。 『いいね』ボタン代わりに下のバナーをポチっとして頂けると嬉しいです。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村
キャンピングカー ブログランキングへ
  • この記事を書いた人

taker1982

-快適化
-, , , , , ,

Copyright© ハイエースに夢とカヤックを載せて☆ , 2018 All Rights Reserved.